助成金

 厚生労働省が提供する助成金は、雇用の安定、従業員の待遇や職場環境の改善に取り組んだ事業所に対して支給されます(下記助成金は一例)。しかし、助成金を申請するまでには、申請書類作成や提出に多くの時間を費やさなければなりません。

 

 ひぐち社会保険労務士事務所の助成金提出代行サービスにより、助成金申請の煩わしさから解放され、本業に打ち込みながら助成金を受給していただくことが可能になります。

雇用調整助成金

 雇用調整助成金とは、新型コロナ感染症の影響により、事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を図るため、労使間の協定に基づき、雇用調整(休業)を実施する事業者に対して、休業手当の一部を助成するものです。

 

 なお、今般の「新型コロナ特例」は、規模は縮小されるものの、令和4年3月まで延長される予定です。

業務改善助成金

 業務改善助成金は、中小企業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るためのものです。

 

 生産性向上のための設備投資等(機械設備、コンサルティング導入や人材育成・教育訓練)を行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部が助成されます。

その他の助成金

 その他、65歳超雇用推進助成金(高年齢者評価制度等雇用管理改善コース)、両立支援等助成金(出生時両立支援コース)、人材確保等支援助成金(テレワークコース)などがあります。