年金

①老齢年金に関するご相談

 

②障害年金に関するご相談、申請書作成・提出代行

 

③退職時の各種手続きに関するご相談


老齢年金

老齢年金は、原則として、受給資格期間が10年以上ある方が、65歳になった月の翌月から受給することができる年金です。

障害年金

障害年金は、病気やケガによって生活や仕事が制限されるようになった場合に、初診日に国民年金または厚生年金の被保険者である方が受給することができる年金です。

遺族年金

遺族年金は、国民年金または厚生年金の被保険者または被保険者であった方が亡くなったときに、その方によって生計を維持されていた遺族が受けることができる年金です。