遺族年金

家族を失うことは悲しいことです。しかし、残された遺族は生きていかなければなりません。遺族年金は申請しなければ支給されません。遺族のみなさんのため、遺族年金支給申請のお手伝いをさせていただきます。

公的年金については、下記の遺族年金があります。

①遺族基礎年金→国民年金被保険者が死亡した際に、当該被保険者に生活を維持されていた「18歳到達年度の末日までの子(一定の障害のある子は20歳未満)がいる配偶者またはその子」に支給されます。
年金額(令和2年度)は、配偶者が受給する場合は、781,700円に子の加算(第1子・第2子には各224,900円、第3子以降は各75,000円)が加算されます。
子が受給する場合は、781,700円に子の加算(第2子には224,900円、第3子以降は各75,000円)が加算されます。

②遺族厚生年金→厚生年金被保険者が死亡したときや老齢厚生年金の受給資格期間が25年以上ある者が死亡したときなど一定の支給要件を満たした場合、死亡した者によって生計を維持されていた一定の対象家族に対して支給されます。年金額は、これまでに被保険者として受けた報酬(平均標準報酬月額)と被保険者期間の月数に一定の支給率を乗じるなどして計算されます。