障害年金申請代行

 障害年金は、病気やケガによって生活や仕事が制限されるようになった場合に、現役世代の方も含め、受給することができる年金です。

 

 ひぐち社会保険労務士事務所は、依頼主様からの申請代行を懇切丁寧に対応させていただきます。


①障害年金とはどういうものですか?

 障害年金は、病気やケガによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含め、受給することができる年金です。

 

 病気やケガで初めて医師の診療を受けたとき(初診日)に国民年金に加入していた場合は「障害基礎年金」、厚生年金に加入していた場合は「障害厚生年金(+障害基礎年金)」が受給できます。

 

 但し、障害年金を受給するためには、上記初診日要件のほか、年金保険料の納付状況や障害認定日(原則初診日から1年6カ月経過した日)に障害等級1~3級に該当するなどの条件が必要です。

③支給決定後にすることはありますか?

 国民年金第1号被保険者(主に自営業、農業、無職)の方は、障害等級1級・2級に該当しますと、国民年金保険料が免除されますので、免除を希望される方は、住所地の市区町村役場に届け出て下さい。

②請求手続きはどうすればよいですか?

 障害年金を請求するためには、①年金請求書、②年金手帳、③戸籍抄本、住民票などご本人の生年月日を明らかにできる書類、④医師の診断書(所定の様式あり)、⑤病歴・就労状況等申立書、⑥年金振込先金融機関の通帳(本人名義)その他の書類を準備する必要があります。

 

 請求先は、障害基礎年金の場合は住所地の市区町村役場、障害厚生年金の場合は住所地を管轄する年金事務所になります。

 

 なお、年金請求書の審査結果(支給決定・不支給決定)は、請求日からおおむね3か月程度かかります。

④申請代行をしてもらえますか?

はい、承ります。申請代行の流れはおおむね下記のとおりとなります。

 

①まず弊所にメールや電話でお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先はこちらをクリックしてください。 

 

②実際にお会いし、または、ZoomによるWeb会議により打ち合わせを行います。初診に到るまでの経緯や初診から現在に至るまでの状況など、具体的な内容をお聞かせください。申請書類作成に必要なヒアリングです。

 

その際、相談料11,000円(税込み)頂戴致します(③の契約に進んだ場合、相談料は差し引かせていただきます。)。 

 

③契約書の内容をよくご確認いただき、問題なければ、ご本人様、連帯保証人様の署名、捺印をいただきます。 

 

④契約が成立致しますと、契約範囲内で申請代行に着手致します。