ひぐち社会保険労務士事務所

Withコロナの時代においても、働くすべての人が安心して働ける環境づくり、そのお手伝いをするのが弊所の使命と考えています。

ひぐち社会保険労務士事務所所長

自己紹介

みなさん、はじめまして。ひぐち社会保険労務士事務所所長の樋口です。
テレワーク導入、働き方改革、外国人雇用に関するアドバイスを中心に、SDGsの8番目のゴール「働きがいも経済成長も」に貢献したいと考えております。どうぞ宜しくお願い致します。

全国社会保険労務士会連合会(登録番号08190009)
茨城県社会保険労務士会(会員番号0810795)
日本農業労災学会(会員番号120155)
中小企業福祉事業団幹事社労士(幹事番号08071)
水戸商工会議所、鉾田市商工会、白金士業倶楽部

雇用調整助成金、働き方改革など。わかりやすくご説明します。

(ご興味のあるテーマ画像をクリック(またはタップ)して下さい。詳細ページに移動します。)

働き方改革

①新型コロナの影響で、テレワーク導入の機運が高まっています。また、平成31年4月から働き方改革関連法が段階的に施行されており、令和3年4月から中小企業においても「同一労働同一賃金」がスタートします。どうやってテレワークを導入したらよいか、どのようにして働き方改革を進めたらよいか、ご相談から就業規則の見直し、利用可能な雇用関係助成金のご提案など、トータルにサポートさせていただきます。

雇用調整助成金

②家族を失うことは悲しいことです。しかし、残された遺族は生きていかなければなりません。遺族年金は申請しなければ支給されません。遺族のみなさんのため、遺族年金支給申請のお手伝いをさせていただきます。

遺族年金

③従業員の方が業務中に病気やけがを負った場合、使用者が災害補償をしなければなりません。療養期間が長引けば、使用者の負担も大きいものとなります。万が一の場合に備えて、労災保険の加入をお勧めします。

保険料納付猶予

④労働保険料等の申告・納付期限(年度更新期間)が令和2年8月31日まで延長されています。また、労働保険料・厚生年金保険料等の納付が、申請により、1年間猶予されます(免除ではありません)。