所長プロフィール

元文系出身システムエンジニア、異色の社会保険労務士

ひぐち社会保険労務士事務所所長

昭和37年1月生まれ、メロンとイチゴで有名な茨城県鉾田市在住

 

昭和60年 明治学院大学経済学部卒業、ソフトウェアハウスに就職

平成29年 社会保険労務士試験合格

令和 元年 ひぐち社会保険労務士事務所開業 

 

 

 システムエンジニア時代のシステムデザイン能力を活かし、働く人にも雇う人にも偏ることなく、「事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上」のため、茨城県内中小企業の働き方をデザインし直す。

 

 私が昭和60年に就職した頃は、未だ手書き、手計算。ようやく、日本の企業もシステム化が始まるが、ソフトウェア開発技術者不足で、文系出身者である私でさえ技術者になれた。ユーザーからのシステム要求に耳を傾け、いくつかのシステム構築案を提示。ユーザーレビューを受け、ユーザーにご満足いただけるまで練り直す。ユーザーから承認を受け、システム開発に入る。

 

 システムエンジニアは転職と感じていたが、バブル崩壊~リーマンショックにいたる不景気と長時間労働で早期退職。しばらく主夫をしながら、サラリーマン時代の働き方に疑問を感じるようになる。働き方をデザインし直し、働き方改革に関するプロフェッショナルになると決意し、また、システムエンジニア時代に培った「傾聴」と「アサーション」は、畑違いの社会保険労務士でも役立つと信じる。

 

 そして、奇しくも働き方改革関連法が施行された翌月の令和元年5月に開業。開業して3年目になるが、これまで様々な茨城県内中小企業の経営者さんの相談を受け、専門知識と相談スキルを磨いた。今後は、他人なら尻込みをするような事案でも積極的に取組むと心に誓う。 

 

 日本は少子化による生産年齢人口の減少に加え、OECD加盟国の中でも労働生産性が低い。労働生産性を高めないと、茨城県内中小企業は生き残れない。労働生産性を高めるためには、働きやすい職場環境を作り、従業員のモチベーションを高め、離職率を低下させること。それと、IT導入が不可欠。元システムエンジニアである社会保険労務士だからこそ、IT導入支援も可能と考える。 

 

 平成31年4月から段階的に施行されている「働き方改革関連法」に加え、ホーム画面の「最新トピックス」にもあるように、令和4年は労働法・年金法改正のオンパレード。就業規則の見直し、関係書類の行政官庁への提出、活用できる助成金のご提案など、弊所なら可能。

 

 これからも、茨城県内中小企業の「事業の健全な発達」に貢献すべく、日々奔走中!  

 

ひぐち社会保険労務士事務所

所長    樋口敏幸拝

  

 【所属団体】

・茨城県社会保険労務士会

・ITコーディネータ茨城

・茨城県経営者協会

・茨城県中小企業家同友会

・水戸商工会議所

・鉾田市商工会

 

【趣味】

・乗り鉄 (47都道府県すべてで何らかの鉄道乗車経験あり)

・歴史好き(いばらき観光マイスター、水戸おもてなしマイスターシルバー)

・巨人好き(王さん、長嶋さんの現役時代から巨人ファン)